危機に立ち向かう君へ

危機に立ち向かう君へ

5月 4, 2022

何かが視界にはいり、思わずブレーキを踏んだ。

それはほとんどの桜が舞散った中、まだ咲いている桜だった。

品種が異なるのだろうか。 

背が低いから日照時間の影響でもあるのだろうか。

満開の時には気付くことがなかったのに、この桜は今僕の視線を独占している。

圧倒的に目の前に存在している。

なぜだろう。

前からあったはずなのにこのタイミングでブレーキを踏んだ意味は。

しばらく眺めていたら、 

桜の方から話しかけてきた。

『早ければ良いということではないよ。あなたのタイミングで輝くんだよ(スラムダンク最終回の『親父の栄光時代はいつだよ おれは今なんだよ』という名言もよみがえった)』

『あなたが短所だと思っている事があなたを救うこともあるよ。長所と短所は表裏一体だよ』

『人々は表面の華やかなところだけを見て勝手な事を言うけれど、一人でも大切な人があなたを理解してくれていれば大丈夫(二本の桜が一緒に咲いている)』

『同調圧力に負けてはいけないよ。誰かの人生ではなくあなたの人生を生きて。決して一人にはならないよ』

さらに桜は続けた。

『アフターコロナにはきっと残存者利益があるから、とにかく生き残るんだよ。諦めてなはいけないよ』

『Googleは最初の検索サービスではないし、Facebookは最初のSNSではないけれど、最後に動いて大きくなったんだよ』

『おまけにね、、、』

と桜は続けた。

『いつか結婚できるといいね』

えっ⁉️

これ以上この場にとどまることに精神の危機を感じた僕は、二本の桜(夫婦なのだろうか)にお礼を言って去ることにした。

ふと車に乗る前にもう一度、振り返って彼らを見つめた。

その瞬間 大粒の雨が降り出した。

『でもね 僕たちは最後に残っただけで 決して永遠ではないよ』

雨にうながされて桜が語りたくない真実をはきだしたようだった。

その言葉で、彼らが散った後の景色が僕の目にぱっと浮かんだ。

そこにはさっきまで見えなかった景色、新緑の美しい桜の木がずらっと並んでいる景色があった。

桜の花だけ見ていた僕は、本当のメッセージを見落としていたようだ。

土、根、幹、枝、葉。

何年も変わらずそこにあるおかげで花が咲く。

それなのに桜の咲いている時期しか 僕は彼らを見ていなかった。

何かが存在している本質的な理由は何かを考えること、

商品、会社、地域、国、ひと、自然、

あらゆる物事についてより深く本質的な問いをたてること、

その大切さを桜は教えてくれていたようだ。

ありがとう 二本の桜さん。

僕は自分の部屋にもどり、三月のライオンを読み始めた。

雨はすっかりやんで太陽が顔を出し始めている。

さっきの雨に耐えられただろうか。

後でもう一度あの桜を見ようかなと思ったけれど、僕は違う道を選んだ。

花は散ってしまってもいいんだ。

再会することに決めたのだから 僕のタイミングで。